先輩インタビュー

鈴木 絵里

職務経歴:第一技術部情報伝達プロジェクト 現部署

入社動機

大同信号と出会ったのは、大学での合同説明会でした。正直それまで電車がどうやって動いているか、考えたこともなかったのですが、電車の正確な運行が、高度な管理によって支えられていること、そのためにさまざまな製品があり、一点一点綿密な設計と丁寧なモノ作りによって作り出されているといった説明を聞くうちに、面白そうだと興味を覚えました。もともと「縁の下の力持ち」と呼ばれるような、社会を支える仕事に憧れていたこともあり、この会社で働くことを決めました。

学生時代の専攻分野や目指していた業界

大学は、工学部の応用化学科に所属していました。分析装置と格闘する毎日で、卒業研究に選んだのは砂漠の緑化。いまの仕事とは全くの分野違いのようですが、研究を続ける間に、電力や石油、ガスなどのエネルギーが、私たちの生活を支える重要な役割を担っているということに気づかされ、「縁の下」の企業に興味を抱いたのだと思います。就活でもそうした業種を中心にまわっていきました。

現在の部署で担当している業務

路線上の鉄道信号をコントロールする運行管理システムの開発や更新業務に携わっています。すべての装置をダイヤ通りに動作させるシステムで、安定輸送の核となるものです。現在は、プログラミングは他の人に任せ、お客様と打ち合わせをして仕様を決めるほか、社内の製作のまとめ役や、検査との窓口になるなど、フロント役を務めています。

入社以来、一番記憶に残っている仕事があれば教えてください。

駅のホームにある案内表示板などを開発する、前の部署にいた頃の話です。香川県の鉄道会社の案内表示器を更新する仕事で、案内内容を表示器に送信する案内中央装置の設計を担当しました。お客様や協力会社と何度となく膝を交えて打ち合わせ、仕様を決定。製造部門ともやりとりを繰り返し、形にしていく日々でした。できあがった製品が駅のホームに設置され、乗客のみなさんがそれを頼りに乗車したり、乗り換えたりされるのを見たとき、社会に役立てているという思いがわき上がってきましたね。

技術職(ソフト)として、大同信号で働くやりがいを教えてください。

当社は、よい意味で放任主義です。さまざまな装置があって、それも各鉄道会社さんによって、少しずつ仕様も異なるため、一点一点手をかけて作っていく必要があります。そのため、プロジェクトの数が多く、自ずと一人でソフト設計からコーディング、デバッグ、試験、現地に赴いての納品まで、工程のすべてに携わることが多くなります。その分、責任も重くなりますが、一貫してプロジェクトに携わり、自分で作り上げたという実感を持てるのが、この仕事の魅力です。

技術職(ソフト)を目指す学生へのメッセージをお願いします。

鉄道信号は安全を最重要視するだけに、実績のあるシステムを長年にわたって更新しながら使っていくことが多い製品です。その更新には、いまはあまり使われなくなったプログラム言語で行う必要があるので、最新の言語に精通していても勉強は必要かもしれません。ソフト部門とはいえ、メカのことも知っていなければ装置は作れませんし、学ぶことはたくさんあります。ぜひ大学で勉強を繰り返すなかで、新しいことを率先して学ぶ姿勢を身につけてください。もちろん、わからないことがあれば何でも聞いてください。私たちでわかることは、何でもアドバイスします。

1週間のスケジュール