先輩インタビュー

大久保 聡

職務経歴: 製造部 検査部

入社動機

大久保 聡

大学の就職セミナーで会社説明をしてくださった先輩の顔がとても輝いていて、「自分もこんな社会人になりたい」、「こんな社会人になれる会社で働きたい」と感じたのが、大同信号に興味をもったきっかけです。思えば、子供の頃ジオラマの鉄道模型でよく遊んでいましたから、自然と惹かれたところがあったのかもしれません。

学生時代の専攻分野や目指していた業界

大学では情報工学科で主にプログラミングを学んでいましたが、ものづくりに関する講義もいくつか受けており、そこで自分が作ったものが動くことに楽しさを覚え、製造業への就職を目指すようになりました。

現在の部署で担当している業務

大久保 聡

列車を安全に運行させるために、列車の位置情報やポイントの切り替え状況(列車の侵入する方向)さらには信号機等の情報をもとに列車の進路を自動で制御する「連動装置」の検査を担当しています。仕様書に基づいた規格等を満たしているかという視点から、機構検査、性能検査等を行います。
自分が担当する「検査」は、製品を世に送り出す最終工程であり、いわば最後の砦となります。決して見落としがないように、つねに気を引き締めて作業にあたっています。

入社以来、一番記憶に残っている仕事があれば教えてください。

連動装置の核となる論理回路をコンピュータ制御で実現した「電子連動装置」を手がけたときのことが忘れられません。社内検査から担当し、現地試験にも立会いました。あらゆる状況を想定して、十分に検査を繰り返しましたが、実際に列車を走らせて行う試験はその時が初めてだったので、とても緊張したのを覚えています。無事、走行試験が終わり、定刻通り初列車が到着したときの感激は忘れられません。私たちの仕事が、鉄道の安全な運行を支えているということを実感した瞬間でもありました。

技術職(製造)として、大同信号で働くやりがいを教えてください。

大久保 聡

路線や駅の形はさまざまで、それに合わせて作る製品も、条件や仕様はそれぞれ異なります。そのため、ロボットや製造ラインでの大量生産ではなく、一点一点を手作業で作る多品種少量生産となっています。人の手で作りあげられている当社の製品が、世界から称賛される日本の鉄道の正確さや安全性を支えていると思うと、誇らしい気持ちでいっぱいになります。将来の目標は、プロジェクトを取り仕切るリーダーになることです。システムすべてを統括し、列車の安全を守ることができるようになれたら、それがとても大きなやりがいになると感じています。

技術職(製造)を目指す学生へのメッセージをお願いします。

製造部門は、一人で黙々と機械と向き合うイメージがあるかもしれませんが、当社では、企画、設計、技術開発などいろいろな部署の人と関わりがあります。そのため、業務知識に加え、人と人とのつながりが重要となってくるのでコミュニケーション能力も欠かせないスキルの一つとなります。このような「人間企業」である当社が作っている製品は、鉄道という社会インフラを陰ながら支えている、世の中になくてはならないものです。BtoBの企業のため、多くの人が当社の製品を知っているわけではありませんが、「鉄道という重要な社会インフラを技術者として支えたい」と思う方は、ぜひ大同信号で一緒に「モノづくり」をしましょう。

1週間のスケジュール